気になる抜け毛を徹底解剖 > 豆腐とキムチでお手軽に

豆腐とキムチでお手軽に

私たちの髪の毛には毛周期と呼ばれる
いわゆる肌で言うところのターンオーバーがあります。
髪の毛が生えて抜け落ちるサイクルです。
大きく分けると成長期と呼ばれる髪の毛が生えてくる時期と、
退行期と言う髪の毛の成長が止まり抜け落ちる準備段階と、
そして髪の毛が抜けて新しく次に生えてくるまでの休止期の3つです。

成長期に髪の毛が十分に生えなかったり、
または、成長期の期間が短かったりするため、
髪の毛が薄くなってしまったり、沢山抜け落ちてしまったりするのです。
一方で、髪の毛がフサフサな人は成長期が長かったり、
成長期に髪の毛が十分に成長しているのです。
成長期には成長因子と言う成分が分泌されて髪の毛が成長するため、
とうぜん成長因子の分泌が少なければ髪の毛が発達しません。

そこで成長因子を沢山分泌させることが、
抜け毛対策のキーポイントになってくるわけなのです。
では一体どのようにすれば成長因子の分泌を促すことが出来るのでしょうか。
最近話題になっている方法の一つに、
イソフラボンとカプサイシンを一緒に摂取するというのがあります。
ではそれらを含む食品にはどのような物があるのでしょう。
まずイソフラボンを多く含む食品の代表に大豆があります。
そして、カプサイシンを多く含む食品には唐辛子があります。

二つとも簡単に手に入れる事が出来る食品ですし、
手軽な値段で売られていますので、是非一度試してみてはいかがですか。
お豆腐にキムチを乗せるだけで、
髪の毛がフサフサになるなんて手軽で嬉しいですよね。
是非今夜のおかずにしてみましょう。