気になる抜け毛を徹底解剖 > 食生活習慣が大きく影響

食生活習慣が大きく影響

抜け毛の原因のひとつに食生活習慣の乱れがあります。
日頃の食事や運動などの生活習慣は、
頭皮や毛根に関係なく体のあらゆる健康状態にとっても大切です。
女性の方でも、お肌の健康には食生活習慣が重要だとよく聞きますよね。
抜け毛も同様、荒れた食生活習慣は育毛や発毛などの妨げとなり、
抜け毛の原因となります。

食生活習慣が抜け毛の原因となる大きな理由は、
髪の毛が栄養の行き届きにくい場所だからです。
人間は自らの生命を維持するため、
優先順位の高い臓器などに栄養を供給していきます。
そのなかで残念ながら髪の毛は後回しになっていくのです。
人間の生命維持機能としては、「髪の毛がなくても生きていける」
という本能に従っているまでなのですが、
如何せんこの現代社会ではそうもいきません。
髪の毛は、私たちが生きていくうえでとても大事な体の一部です。

少し話が逸れましたが、つまり育毛シャンプーなどで
日頃から頭皮をケアしていても、肝心の栄養を髪の毛に与えてやらなければ、
効果はあまり見込めません。
大切なのはまずは食生活習慣を見直し、
髪の毛にも十分な栄養が供給されるよう、きっちりと食べること。
そして適度な運動の習慣をつけ、
育毛を促進しやすい健康な体を手に入れることなのです。
もちろんただたくさん食べればいいというわけでありません。

バランスのとれた食生活を心懸けましょう。
小学生のときに習った5大栄養素、覚えていますか?
タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルが5大栄養素です。
人間が健康な体を維持するために必要な栄養素は、
大きく分けるとこの5つの栄養に大別することができます。
炭水化物は御飯やパンなどですね。
タンパク質はお肉や卵、脂質はバターなどです。
野菜にはビタミンが多く含まれています。
ミネラルは牛乳や海藻で摂れることができます。

ここでひとつ皆さんに質問です。
「海藻は髪の毛にいい」という話を聞いたことはありませんか?
今説明したように海藻にはミネラルが多く含まれていて、健康に良い食べ物です。
しかし髪の毛に良いという直接的な証明は実はないんです。
「海藻は体に良い」という話から派生した都市伝説かもしれませんね。
しかし、結局は体の健康が髪の毛には大切だと言うことには変わりありません。
それを支えるのが健康な食生活習慣なのです。