気になる抜け毛を徹底解剖 > ストレスが原因の場合

ストレスが原因の場合

人間の体の機能は、食事や運動といった食生活習慣以外でも、
あらゆる要因によって左右されます。
そのひとつがストレスです。
小さなストレスも、積もり積もれば病や疾患を引き起こす原因になります。
そのシグナルは「食欲が湧かない」「吐き気がする」「イライラする」
といったメンタル的な部分に現れやすいですが、
体の細部からも見受けることができます。

お肌の調子が悪い、手の震え、抜け毛などです。
こういった目に見えるカタチとなって現れる不調、
それを引き起こしているのがストレスという医学的証明もなされています。
医学的にもストレスは末梢神経に異常をきたす原因とされています。
末梢神経とは人間の各部に張り巡らされており、
栄養を運ぶ血管にも大きな影響を及ぼします。
ストレスにより異常をきたした末梢神経は血流を悪化させ、
毛根や頭皮への栄養循環を妨げます。
これがストレスで抜け毛が増える大きな要因です。

また毛根や頭皮だけでなく、末梢神経の不調は他の臓器にも悪影響を与えます。
それが結果的に胃などにも及び、
食欲不振や頭皮の荒れなどを引き起こす直接的な原因ともなるのです。
このようにストレスは、血流を妨げただでさえ
栄養の行き届きにくい毛根や頭皮の栄養不足を促進し、
さらにはあらゆる臓器を蝕むことでも、髪の毛に悪影響を及ぼしています。

現代社会で生きていくうえで
ストレスから逃れることは不可能に近いことかもしれません。
ましてや抜け毛に悩む年代は主に30~40代、社会的にも地位を掴みつつあり、
圧倒的に人間関係で気に病むケースが多いのです。
ストレスと無縁の生活はことさら厳しいでしょう。
しかしストレスの無い生活が無理であっても、
ストレスを貯めない生活は工夫ひとつで実現できます。
それは運動であったり、趣味です。

会社帰りにジムに通うもよし、近所をジョギングするもよし。
またストレスのはけ口としてたまに同僚や友達と
憂さ晴らしに飲み明かしたって誰も文句は言いません。
こういった定期的なガス抜きが、
あなたをストレスのよる抜け毛から守ってくれるでしょう。
育毛を意識して出来る事から始めませんか。